腫瘍科診療

child-1867463_1920

近年、獣医学の進歩やご家族の動物の病気への関心が高まったことで、犬や猫の寿命は年々伸びています。それに伴い動物たちが高齢化していくことで、人と同様に「がん」は死亡原因のトップとなっています。「がん」とは悪性腫瘍の総称で、腫瘍の中には良性のものも存在するなど、腫瘍には様々な種類があり、治療法も多く存在します。治療を成功させるためには、正確な診断と適切な治療が必要です。

診察・治療の流れ

腫瘍は体表面や内臓など、どこにでもできる可能性がありますが、多くの場合は体表面にできた腫瘍が「しこり」「できもの」として飼い主さんに気づかれます。その「しこり」「できもの」が何なのか、それが大きくは「腫瘍」と「炎症」に分類できます。それらを見分けるために、まずはそのしこりから針を刺して細胞を採ってくる細胞診検査を実施します。

  • 細胞診検査

    細胞診検査とは、「しこり」に細い針を刺してその中の細胞を採取し、どのような細胞が含まれるかを顕微鏡で観察する検査です。採取された細胞が炎症細胞であれば「炎症」、腫瘍細胞であれば「腫瘍」が疑われます。炎症が疑われた場合は通常投薬にて治療していきます。

  • 追加検査・治療方針の決定

    細胞診検査にて悪性腫瘍が疑われた場合、その腫瘍の広がりや遠隔転移がないかを確認するためにレントゲン検査や超音波検査、血液検査などを実施し、それらの検査結果をもとに治療方針を飼い主様と検討していきます。最も治療成績のいい、延命が望める積極的な治療法がその動物や飼い主様にとって1番いい治療法とは限りません。病気の状態や飼い主様の考え方などを踏まえて、「動物とそのご家族にとって最良の方法」を選択できるよう、話し合っていきます。

  • 治療

    検査の結果、腫瘍の診断がついたら治療を行います。腫瘍の治療には大きく3つの方法があり、それらの治療を単独もしくは組み合わせて治療していきます。

9a9c7d61ba7c4c93b7c4650592f1d2d7

外科療法

全身麻酔をかけて腫瘍病変を切除・摘出します。腫瘍の種類や広がり、発生部位によって大きく切除したり、ギリギリで切除したりします。外科療法の最大のメリットは腫瘍の種類によっては完治が望めることです。なかなか完全切除が困難な腫瘍でも切除手術により腫瘍細胞の数を減らすことができるので、その後の抗がん剤などの効果を発揮しやすくなります。デメリットとしては、全身麻酔をかけないといけないことです。動物の状態が悪かったり高齢だと麻酔自体が危険になる場合もあります。

39b83635b87e4f1e9bcf203b73104b81

内科療法

抗がん剤を用いての治療です。抗がん剤治療が第一選択になる腫瘍の治療や外科手術した後の補助としての治療などがあります。腫瘍ごとにそれぞれの抗がん剤治療の方法があり、注射の抗がん剤を定期的にしていく方法や飲み薬の抗がん剤を飲んでいく方法などがあります。方法によって一番延命効果が高いものからそうでないものまで方法は様々にあるので、動物の状態や飼い主様の考え方によってどの方法がもっとも良い方法かを一緒に検討し治療法を選択していきます。

217ca1d0ae8c4ae696caa30387872a4b

放射線療法

腫瘍に集中的に放射線をあてて、腫瘍細胞を破壊して腫瘍を消滅させたり小さくさせる治療です。メリットとしては手術せずに腫瘍を小さくする効果を期待できることで、臓器をそのまま残したり、臓器の働きを保てることです。腫瘍の種類によって放射線に反応の良いものとそうでないものがあります。デメリットは放射線の影響により、照射部分の放射線障害が出てしまうことや、動物の場合は全身麻酔が必要になること、特殊な装置を用いるので大学病院などの専門の施設でしなくてはならないこと、費用がかかることなどです。

以上の治療に加えて、本人の免疫力を高めて腫瘍細胞を叩いていく免疫療法などがあります。どの治療もいい面悪い面があるので、腫瘍の種類や動物の状態、飼い主様の考え方などで治療法を検討していきます。
当院はセカンドオピニオンを常時受け付けております。ご相談だけでも構いませんので、お気軽にお尋ねください。

症状から疑われる病気

嘔吐している、下痢しているなど、症状から疑われる病気の一覧はこちらから。
緊急の場合は病院へご連絡の上、ご来院ください。

犬・猫、専門の動物病院です

犬や猫を飼っていても飼っていなくても構いません。何かふと思ったらどんな些細なことでも気兼ねなくお尋ねください。

 「杜の都」仙台市の南に位置する太白区と名取市を結ぶ県道258号線(仙台館腰線)沿い、長町方面から名取市に向かう途中、太白大橋の手前にBiBi犬猫病院はあります。

 動物病院は多くの方にとって「何もないと行きづらい場所」「動物が嫌がる場所」というイメージが少なからずあると思います。確かに犬や猫の調子が悪くなったり怪我をしたりと、何かきっかけがないと訪れにくいですし、ましてや病気でもない犬や猫を連れて行くことに抵抗を感じたり、動物を飼っていない方にとっては関係のない場所になりがちです。しかし、動物病院という場所はそのような場所ではなく、犬や猫を飼っている人にとって、また飼っていない人にとっても「気軽に訪れて、病気やしつけのことなど日頃感じる不安や疑問を少しでも解消できる場所」であるべきだと思ってます。

 BiBi犬猫病院は皆様にとってそのような病院になれるような雰囲気作り、親切な対応を心がけております。お電話でもメールでも、また犬や猫を飼っていても飼っていなくても構いません。何かふと思ったらどんな些細なことでも気兼ねなくお尋ねください。

BiBi犬猫病院

〒982-0014 宮城県仙台市太白区大野田2-8-37

電話でのお問い合わせ

022-778-2608

FAX022-765-5868

一般外来 9:00~12:00/16:00~19:00
手術・検査 12:00~16:00

休診日:水曜日(土日祝日も診察しています)
夜間救急対応
クレジットカード利用可能